品質管理体制

安心の製品をご提供するために

弊社では「お客様のお客様」が満足するような製品づくりを心掛けております。それ故に品質管理にはかなり力を入れております。自社内での製造工程内検査はもちろん、複数の協力会社様から調達した部品を扱う場合はしっかり受入検査を行うなど、弊社が責任を持って製品をご提供できるよう日々取り組んでおります。

ISO9001,2008 の取得経験を活かした管理体制づくり

ISO9001,2008

弊社では2007年7月にISO9001,2008を取得した経験を活かし、社内の品質管理体制の再構築すべく独自の品質管理体制をつくりました。

ISOの品質マネジメントシステムの考え方を活用することで、国内の品質水準を満たす品質を維持することが可能となっております。

自社内における一貫検査体制

一貫検査体制

受入検査から工程内検査をへて出荷検査まで一貫して行います。

お客様のご要望に応じて必要な検査ポイントを押さえ、確実に実施いたします。

QC検定による人員スキルアップ

QC検定でスキルアップ

検査を行うのは最終的に人間です。
いくら検査機等がすぐれていても、人の手が介入するということだけでミスの原因となります。

そこで弊社では品質管理にかかわる人員に関してはQC検定の受験を推進することで、スキルアップを図っております。

良い品質を生む職場環境づくり

良い品質を生む職場環境づくり

職場環境をきれいに保てない状態では品質を守る事など到底叶いません。

弊社では毎日の職場清掃活動や倉庫内の整理等、5Sの活動を推進しております。
この5S活動を通じて「当たり前のことを当たり前に」実行する習慣を身に着けると同時に、良い品質を生む職場環境をつくっております。