樹脂成形コラム

プラスチック成形のセミー工業 > 樹脂成形コラム > バイオマスプラスチックのリサイクル原料

バイオマスプラスチックのリサイクル原料

樹脂成形コラム

2015年11月2日

バイオマスプラスチックと呼ばれるもには、生分解性プラスチック、PLA、ポリ乳酸、でんぷん系などがあることは以前のブログでご紹介させていただきましたが、カーボンニュートラルという意味では環境に優しいプラスチックであることが最大のメリットであるので使い捨ての製品で使いたいところですが、それにはコストが高すぎるというのが実情です。

当社ではポリ乳酸のシートを使った製品を作る過程で大量に出る端材をインジェクションのリサイクル材料としてリペレット化し、製品化することが可能です。リサイクル材ですのでバージン材に比べ圧倒的にコストを抑えることが可能です。現在、公開可能な情報としては以下の通りです。

1. 端材の元となるシートは某大手メーカーが製造するサトウキビを原料としたPLAシート。PLAの弱点でもある耐熱性も向上されています。

2.提供できる材料は黒の一色のみとなります。

3.イメージとしてはPP・PEやPETの代替材料としてお考えください。

4.金型を貸与していただければ、テスト成形もお受けいたします。ただし成形機は50トン~350トンまで。

5.場合によっては原料のみの販売もご相談に応じます。

以上の条件を、満たす方で製品化、もしくは現行PLA製品のコストダウンをご検討の方はご遠慮なくご連絡ください。

当社オリジナル商品への展開事例はこちら・・・

 

  • 会社案内
  • 私たちにできること