セミー工業社員の日常

朝・・・

セミー工業社員の日常

2013年01月18日

朝・・・

いつも通り、
会社に向かっていたら、
駅のホームで駅員さんが、
AEDを持って走っていました。
急病人です。
既に何名かの方が、
代わる代わる心臓マッサージをしていました。

全然知らない人を、
みんなで助けている光景を見て、
自分がその状況に置かれたとき、
はたして同じように対応できるだろうか。
考えさせられました。

その人たちは義務でもなく、
仕事でもありません。

そこにあるのは、
急病人を助けたいという、
ひとつの目的のためです。

見ず知らずの人たちでも、
目的を共有できれば、
協力し行動を起こすことができるということを、
気づかせてもらった出来事でした。

会社に置き換えると、
周りはもちろん知っている人ばかりです。
それでも、
協力してひとつの目的(会社でいえば理念や方針)
に向かって進んでいくことが難しいと痛感しています。
知らない人でも協力ができるのにと。

命に勝るものはないので、
当たり前かも知れません。

でも、
出来ている会社も現実にはあります。

理念が浸透していないだけなのか?
協力体制が築けていないだけなのか?
コミュニケーションが不足しているだけなのか?
何が原因なのか?

もう一度、
ひとりひとりが自問自答し、
答えを出す必要が、
あるのかなと考えています・・・

 

  • 会社案内
  • 私たちにできること